■ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
■メインメニュー
■検索
■オンライン状況
8 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 〖イタリア生活リンク〗 を参照しています。)

 登録ユーザ: 0
 ゲスト: 8

もっと...



  メイン  |  人気サイト  |  高評価サイト  |  おすすめサイト  |  相互リンクサイト  |  ランダムジャンプ  

メイン arrow  イタリア各都市情報  arrow  フィレンツェ

訪問 FIRENZE IN TASCA 人気サイト rss  最終更新日: 2005-6-22 2:43
カテゴリ:   イタリア各都市情報  arrow  フィレンツェ
電話番号:  0552342043  
説明:
banner
イタリアはフィレンツェを何倍にも楽しむためのフィレンツェガイドサイトです。
ホテルやB&Bなどの宿泊施設、レストラン、ショッピング情報などの観光情報はもちろん、イタリア料理のレシピ、イタリアワイン情報も掲載。

ヒット数: 2437   評価: 0.00 (投票数 0 )
このサイトを評価する  |  修正  |  リンク切れ報告  |  友達に紹介  |  コメント (0)  |  RSS

RSS feed   rss

バルジェロ美術館グループの無料開館日 (2019-10-16)

フィレンツェは芸術の都といわれるだけあって、国立の美術館美術館だけでも10以上あります。
これらの美術館の一部は、「グループ」になっています。

ウフィッツィ美術館グループ(ピッティ宮殿、ボーボリ庭園)

バルジェッロ美術館グループ(メディチ家礼拝堂、ダバンザーティ宮殿、マルテッリ家の邸宅、オルサンミケーレ教会)

今年から制度が変わり、ハイシーズンの第一日曜日無料が取りやめになった代わりに、無料日を各々の美術館の責任者が8日設定できることになりました。
各々の美術館単独の無料日までチェックしている旅行者はあまりおらず、ウフィッツィ美術館やアカデミア美術館は、予約を取ろうとして無料日のため予約できずに、その存在を知るケースが多いようです。

10月6日は、バルジェッロ美術館グループが無料の日でした。
ハイシーズンは、行列もできることのあるメディチ家礼拝堂も含まれていたのですが、観光客にこれらの美術館が無料であることはほとんど伝わっていなかったようです。
予約を取る必要がないので、公式サイトへのアクセスがほとんどなされていないことが要因だと思われます。

当日の無料日の告知の張り紙もイタリア語のみ。
出入口から中の様子をのぞき込み立ち去る外国人、あえて声をかけない職員。
なんだか残念な光景でした。

そんなバルジェッロ美術館グループ無料日のイベントとして、責任者(とても素敵なご婦人でした)みずからが、バルジェッロ、メディチ家礼拝堂、マルテッリ家の邸宅、ダバンザーティ宮殿と、直々にガイドをしてくださいました。

美術館無料日の告知
美術館無料日の告知

各々の美術館の歴史、そしてテーマを絞って解説をしてくださる形式で、とても興味深かったです。

次回のバルジェッログループ無料開館日の11月30日もガイドをおこなうとのことなので、イタリア語が理解できる方はぜひご参加ください。

マルテッリケのフレスコ画
マルテッリケのフレスコ画

 

ひさしぶりにバルジェッロ美術館を訪れたのですが、ベルニーニの名作、コスタンツァがミケランジェロの作品と並んで展示されていました。

ミケランジェロ作バッカス
ミケランジェロ作バッカス
ベルニーニ作コスタンツァ
ベルニーニ作コスタンツァ

バロックの展示室が修復のための措置のようですが、バロックの巨匠とルネサンスの巨匠の作品を並べて鑑賞することができて格別でした。

 

ダバンザーティ宮殿は、見どころの多くがある3階と4階は予約が必要となっています。
月曜から金曜日10:00、11:00、12:00の3回
土曜日と日曜日15:00、16:00、17:00の3回
一回の人数は25人までです。
Via Porta Rossa 13 – 50123 Firenze
Telefono +39 055 0649460
Email: mn-bar.museodavanzati@beniculturali.it

 

彫刻や邸宅、礼拝堂、その空間が美術館となっているこれらの美術館。
フィレンツェを訪れなければ味わえない貴重な体験ができる美術館です。

2019.10.16


フィレンツェから、中世の街チェルタルドに行ってきました (2019-10-09)
フィレンツェから、シエナ行きの電車に乗り1時間足らずのところにあるチェルタルド。 駅を降りてすぐ広がる街は、特に情緒があるわけでもない生活感漂うごく普通の小さな街なのですが、そこから10分弱歩いたらケ ...
ブドウの季節のお菓子 (2019-10-02)
ワインの産地のトスカーナでは、9月から10月にかけてブドウの収穫と醸造の忙しい季節です。 インプルネータというフィレンツェから車で20分ほどのキャンティ地方の街では、イタリアで一番歴史のあるブドウ祭りが ...
タロットガーデンに行ってきました (2019-09-28)
南トスカーナにある現代アートの屋外美術館「タロットガーデン」。 私がその存在を知ったのは5年ほど前。 一度見てみたいけど遠いなー、 何かのついでに行けたらなー、 そんなことを思いつつ忘れかけていたので ...
世界遺産のカステッロ邸に行ってきました (2019-09-18)
フィレンツェは、秋晴れが続き、絶好の観光日和が続いています。 そんな中、世界遺産である「カステッロ」に行ってきました。 ここは、ボッティチェリの「春」、「ヴィーナスの誕生」が置かれていた別荘です。 ...
フィレンツェから日帰りでピストイアに行ってきました (2019-09-11)
先日、フィレンツェからピストイアへ日帰りで行きました。 フィレンツェから電車で30分程です。 トスカーナ州には10の県があり、この街はピストイア県の県庁所在地。 歴史的には紀元前5〜6世紀まで遡ることがで ...
シエナの見どころ (2019-09-04)
先日プライベートで久しぶりにシエナへ行きました。 まず驚いたのが、フィレンツェ−シエナ間のバス料金が改訂され、8.4ユーロなっていました。 最近公共交通機関で行っていなかったことに気が付いた瞬間です。 ...
期間限定のフィレンツェのパノラマスポット (2019-08-29)
ミケランジェロ広場のすぐ近くにそびえ建つ石造りの塔、「サン・ニコロの塔」。 アルノ川の川縁を散歩したら必ず目に飛び込む塔なので、名前は知らなくても見知っている人は多いはず。 フィレンツェに限らず、 ...
イタリアの鉄道のいろいろ (2019-08-21)
ミラノの駅で、券売機に小型カメラが仕掛けられ、カードの暗証番号が読み取られる被害がありました。 設置していた防犯カメラで摘発されたとのことです。 カードの方が早いし余計な小銭も増えないし、私もよくカ ...
サンマルコ美術館、無料の日 (2019-08-14)
べアート・アンジェリコの「受胎告知」のフレスコ画で有名なサンマルコ美術館。 ネットニュースで、8月15日の聖母マリア被昇天の日、このサンマルコ美術館が無料と知り、オフィシャルサイトで確認しました。 下 ...

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
投稿者 スレッド

[ z[ ] [ "Wm"fヲ ] [ C^AN ]
SorrAJapanese Text Only.@Sucusatemi questo sito e' solo in giapponese.
{^psB


Copyright (C) 2004- Takashi Fujimori All rights reserved.@
TCgRecf]B TCgAR`B

M FX O ]E ゥヤ @sY t FX Sメ FX sY iq ^J[ oCg