■ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
■メインメニュー
■検索
■オンライン状況
25 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 〖イタリア生活リンク〗 を参照しています。)

 登録ユーザ: 0
 ゲスト: 25

もっと...



  メイン  |  人気サイト  |  高評価サイト  |  おすすめサイト  |  相互リンクサイト  |  ランダムジャンプ  

メイン arrow  イタリア各都市情報  arrow  フィレンツェ

訪問 FIRENZE IN TASCA 人気サイト rss  最終更新日: 2005-6-22 2:43
カテゴリ:   イタリア各都市情報  arrow  フィレンツェ
電話番号:  0552342043  
説明:
banner
イタリアはフィレンツェを何倍にも楽しむためのフィレンツェガイドサイトです。
ホテルやB&Bなどの宿泊施設、レストラン、ショッピング情報などの観光情報はもちろん、イタリア料理のレシピ、イタリアワイン情報も掲載。

ヒット数: 2532   評価: 0.00 (投票数 0 )
このサイトを評価する  |  修正  |  リンク切れ報告  |  友達に紹介  |  コメント (0)  |  RSS

RSS feed   rss

フィレンツェからモデナへ。観光コースのご紹介 (2020-01-29)

グルメな人には、バルサミコ酢、パルミジャーノ・レッジャーノの産地として、
音楽が好きな人には、パバロッティの街として、
モータースポーツが好きな人には、フェラーリの街として知られたモデナの街。

美術館巡りが好きな人には、エステ家のコレクションが納められた素敵なエステンセギャラリーがあります。

バロック以降の建物が目立つ中で、街の歴史を感じさせてくれるのが、旧市街地にあるロマネスク建築の大聖堂、ギルランディーナの塔、市庁舎です。

モデナ大聖堂
モデナ大聖堂

 

ちょっと特別な観光スポットが、ドゥカーレ宮殿。
土日のみ要予約のガイド付きツアーで見学できます。
予約はモデナのインフォメーションセンターまで。

ドゥカーレ宮殿
ドゥカーレ宮殿

 

モデナは、フィレンツェから、車または電車で、片道1時間半ほどのところにある日帰り観光も可能な街です。
おすすめの電車は乗り換え不要の電車。
行きは、フィレンツェ発8:21、モデナ着10:08のインターシティー
帰りは、モデナ発19:50、フィレンツェ着21:20のインターシティー

夕食には早い出発なので、アペリティーボでおなかを落ち着かせてフィレンツェに戻るとちょうどよいです。
これ以外のほとんどの列車は、巨大なボローニャ駅での乗り継ぎが必要です。
日本と違い遅延が多いイタリアでは、列車の乗り継ぎはリスクを伴います。

 

ここで、モデナの観光コースをご紹介します。

モデナの駅に到着したら、まず駅近くの観光スポット、エンツォ・フェラーリの家博物館へ。
徒歩10分ほどで到着します。
かつてのオフィスを再現したお部屋や名車が展示されています。

メカニックの展示ブースもありますが、私はちんぷんかんぷんでした。
ゆったりとした館内にはカフェも併設、ミュージアムグッズ販売もあります。
ちょっとしたお土産にもなる控えめなお値段のものもありました。
(駅とこの博物館、郊外にある工場併設博物館を結ぶ有料のシャトルバスもあります。)

エンツォ・フェラーリ博物館のサイトはこちらから

 

エステンセ公園
エステンセ公園

ここからエステンセ公園、パバロッティ劇場を通り、モデナの中心グランデ広場へ。
大聖堂、インフォメーションセンター、市庁舎、バルサミコ博物館などがある広場です。
ここのインフォメーションセンターで、ガイドツアーの受付が行われています。

 

そして、モデナの台所、アルビネッリ市場へ(昼過ぎに店じまいです)。
館内に、軽食がいただけるお店があります。
市場付近にも評判のレストランがいくつかあります。

 

ランチの後は、予約した午後のガイド付きツアーに参加、または街歩き、エステンセギャラリーを見学。

胸像ベルニーニ作
胸像ベルニーニ作
コレッジョの聖母子
コレッジョの聖母子

 

旧市街地から駅までは徒歩15分ほどかかるので、余裕を見て駅へ。
グルメにこだわる方は、ディナーを食べて1泊し、翌日パルマまたはボローニャを見学してフィレンツェに戻るのもよいと思います。

 

モデナはフィレンツェより北ですが、夏場は大変蒸し暑く、フィレンツェより過ごしにくいそうです。
そして冬はとても冷えるのです。
この気候がバルサミコ酢の熟成に良いそうなのですが、真夏の観光は覚悟が必要かもしれません。

そして、広場は丸い川石が敷き詰められていてヒールがある靴で歩くのは大変です。

グランデ広場の石畳

ポー川流域の街の特徴なのでしょうか、マントバ、パルマ、モデナの広場は、丸石が敷かれていて歩き辛いです。
靴選びの際、ご考慮ください。

 

モデナは、小さいながら、イタリアの文化と歴史が凝縮された素敵な街です。

なお、パルミジャーノ・レッジャーノのチーズ工場は、町から少し離れた郊外から山にかけてありますので、駅からタクシー、または車での移動が必要となります。
バルサミコ酢醸造所も市庁舎の最上階以外は、タクシーを利用して訪れる必要があります。

2020.1.29


古代ローマと著名映画の靴の特別展に行ってきました (2020-01-22)
ピッティ宮殿内にある衣装博物館で開催されている、古代ローマ、そしてその時代をテーマとした映画の履物の特別展を見に行きました。 通常の展示だと、服が主役で、靴は添え物的存在なのですが、今回は、服はほ ...
フィレンツェからルッカへ。ルッカの魅力を再認識 (2020-01-15)
フィレンツェから、列車で約1時間半のルッカの街。 ここは、中世、コジモ一世が侵略をあきらめたルッカ共和国でした。 侵略戦争に費やされるであろう経費が見合わなかったという理由で、あえて戦いを仕掛けなか ...
コジモ一世の特別展、開催中 (2020-01-08)
2020年を迎え、早くも一週間が過ぎ、すっかり日常に戻りました。 本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。 東京オリンピック開催年、充実し、エネルギッシュな年となりますよう願っております。   昨年20 ...
クリスマスにちなんだウフィッツィ美術館の作品 (2019-12-24)
25日はクリスマス、イエスキリスト生誕の日。 24日、夜9時から大聖堂ではミサが始まります。 信者ではない人も参列できますし、途中で抜けることもできます。 ただ教会は寒いので、防寒はしっかりしてください。 ...
クリスマス・年末年始の美術館と教会の会館時間 (2019-12-18)
クリスマス前のショッピングで賑わうフィレンツェですが、美術館はこの時期はびっくりするほど空いています。 ホテルのロビーに飾られていたアレンジフラワー ホテルのロビーもこの時期ならではの装いです。 &nb ...
フィレンツェから気軽に行ける修道院「チェルトーザ」 (2019-12-11)
フィレンツェに、チェルトーザと呼ばれる大きな修道院があります。 わずか4名で運営されていた4年前、神父様と修道僧の高齢化のため閉鎖されましたが、その後、現在は信者組織により受け継がれています。 解説付 ...
フィレンツェのクリスマス市 (2019-12-04)
12月に入ってからも、すっきりしない天気が続くフィレンツェです。 そんな中、毎年この時期に開催されるサンタクローチェ広場のクリスマス市が始まりました。 今年は12月22日までで、朝10時から夜10時まで開催さ ...
ボローニャのFICOに行ってきました (2019-11-27)
エミリア・ロマーニャ州の州都ボローニャの郊外に、ミラノの食博の影響を受け誕生した食博常設会場FICO(フィーコ)。 8ヘクタールの広大な敷地に作られた会場は、食べ物が私たちの口に入るまでにどのような過程 ...
イタリアの11月は雨の季節 (2019-11-20)
11月、地中海性気候のイタリアでは、もっとも雨の多い時期にあたります。 ヴェネツィアの海面上昇「アクア・アルタ」の大きな被害は、すでにご存じだと思うのですが、イタリア中部から北部全域にわたってかなり ...

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
投稿者 スレッド

[ z[ ] [ "Wm"fヲ ] [ C^AN ]
SorrAJapanese Text Only.@Sucusatemi questo sito e' solo in giapponese.
{^psB


Copyright (C) 2004- Takashi Fujimori All rights reserved.@
TCgRecf]B TCgAR`B

M FX O ]E ゥヤ @sY t FX Sメ FX sY iq ^J[ oCg